6年生 戦争体験


11/30(木)の3校時に「戦争体験」の授業がありました。昨年に引き続き久保田利雄さん(90才・昭和2年12月12日生まれ)に来校いただきました。

6年生 戦争体験


最初に先生から「みんなのおじいちゃんおばあちゃんも、戦争を経験していないでしょう。今日は戦争を経験した方から直接お話を聞けるとても貴重時間です。私たちは話をしっかり聞いて次の世代に引き継いでいく義務があります。耳だけでなく心でもしっかり聞いてください。」と説明がありました。

6年生はこの日のために、久保田さんの執筆した「波乱の我が青春時代」という本を朝学習や社会科の時間に読んで事前学習をしました。

久保田さんは直接軍隊に入隊して戦争に行った訳ではありませんが、14才(昭和17年)のときに満蒙開拓少年義勇軍(まんもうかいたくしょうねんぎゆうぐん)に志願。最初の3年間は農作業に励み、収穫が終わった冬には軍事訓練を受けました。18才の時に軍隊に徴収され貨物省の任務に就き、終戦後は捕虜となりチグロワヤの作業収容所で3年間伐採作業に従事。21才目前の昭和23年12月1日に舞鶴港に帰還しました。生まれ故郷に帰れたのは12月5日だそうです。
14才から21才目前までの7年間、戦争に翻弄された青春時代を過ごしてこられたのです。

6年生 戦争体験

当日は、本に書かれていなかったエピソード(キジやクマを仕留めた話など)もお話しいただきました。


関連する記事

6年生 戦争体験

●6年生 戦争体験 (2017年度の授業から)
https://shinsen-izumi.sakura.ne.jp/archives/9573

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート

月別の記事

カテゴリー別の記事