ブログアーカイブ

茶道体験

5/15に3年生、6/21に4年生、6/28に2年生、7/7に5年生の授業がありました。「日本の伝統文化理解教育」のひとつとして取り組んでいる茶道体験は今年で3年目。この時間を楽しみにしているという児童の声も聞こえ嬉しく思います。

ということで、少し慣れてきた子どもたちに合わせ、指導もバージョンアップ。今年度は4年生以上の児童に「亭主・運び・客人」の3役すべてを経験してもらっています。
授業時間は45分。今までは2回お抹茶を点てて終了でしたが、3回行わないとなりません。きちんと話を聞いてすばやく行動しないと時間内に終了することが出来ません。4年生は時間的に少し厳しい面もありましたが、5年生の児童は聞く態度、取り組む姿勢がすばらしく、集中して体験することが出来ました。


写真は、講師の先生からしびれない正座の仕方を教わった5年生。背筋もきちんと伸びていて、美しいですね。

日本の伝統文化を学ぶ場として相応しくあるよう、前日に主事さんが畳を敷いてくれます。講師の先生は必ずお着物で指導してくださいます。支援本部も茶花を準備しています。千利休(せんのりきゅう)が、茶花は「花は野にある様に」と言っているように、華美なものではなく侘びのあるものがよいと言われています。これがなかなか難しい。庭にある花を持ち寄ったり、お花やさんで購入したり毎回苦労しています。


7/7は七夕だったので、講師の先生に相談し七夕飾りにしてみました。朝、雑巾がけに参加してくれた児童に飾りつけも手伝ってもらいました。

また、保護者の方がお手伝いに参加してくださると、支援本部員も講師のサポートに回れ、指導が行き届きます。お手伝いの内容は、お茶椀や茶筅を洗ったり、お菓子やお湯の用意などの簡単なことなので、今後もよろしくお願いします。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


プログラミング教室

6/30(土)に第2回目の「親子プログラミング教室」がありました。

プログラミング教育は平成32年度から必修化されます。そこで、高学年の児童を対象として親子で参加してもらっています。なぜ親も? と思うかもしれませんが、この教室ではScratch(スクラッチ)(*1)というフリーソフトの使い方の習得・簡単なプログラム作成を行います。でも、ここだけでなく家に帰ってからも自分なりのプログラムを作って学んで欲しいと思っています。親が参加することで、家のパソコンでもScratch(スクラッチ)を使える環境を整えることが出来るという訳です。

さて、ここで大事なのが保護者の関わり方です。あくまでも子どもが主役。答えを教えたり間違いを指摘したりしないで、子どもの自主性に任せます。子どもが困っていたら「ヒント」を出す。間違いに気付くまで待つ。子どもが自ら考えプログラミングをし、思い通りに動かないとき「どこを直せばいいか」を考える。そうやって、自分の思い描いているプログラムができたときは達成感が得られます。子どもはきっかけを与えると、どんどん創造性を発揮します。プログラムも徐々に複雑になっていきます。

現在は初級編のみ開催、使い方の習得をメインに置いていますので、ご家庭でさらに発展的な学びができるとよいですね。


(*1) Scratch(スクラッチ)とは、
アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのライフロング・キンダーガーテンというグループが作った、小学生でもかん単にプログラミングができるソフト。ウェブで自由に使うことができて、自分だけのゲームやアニメーションをだれでも作ることができます。

続きを読む ›

カテゴリー: プログラミング, 学校支援本部, 授業サポート


5年生 田植え

6/19(火)に5年生の「田植え」のサポートに参加しました。

今年も和泉仲通り商栄会の「こいで生花店」の小出さんに講師に来ていただきました。

お天気にも恵まれ、1時間目から3時間目まではスカイコートにある屋上の田圃に、6時間目には校庭の大きなプランターに暑い中頑張って稲の苗を植えました。

等間隔に植えられるようテープに目印を入れ、そこに順番に植えていきました。始めは恐る恐る、でも一度入ってしまうと楽しそうに植える姿がほほえましかったです。

スカイコートからは新宿のビル群が良く見えます。

約1ヶ月後の7/17の稲の様子。すごく成長してますね。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


6年生 商品開発

6/4(月)、「総合的学習の時間」を使って行われる「商品開発プログラム」の取り組みのひとつ、「株式会社ってなに?」を取材してきました。

「商品開発プログラム」は会社を設立し、何を売るかを決め、デザインを考え、最後に出来た商品を販売するという取り組みです。会社組織として、仲間と意見を出し合いまとめ、プレゼンテーションも行います。この授業を通していろいろな力がつく事が想像できますね。

さて、「株式会社ってなに?」の講師は三浦陽一さん。貿易関係の会社の取締役社長です。三浦さんは和泉地区にお住まいで、杉並和泉学園の学校運営協議会委員を務めており、大学生の娘さんが旧和泉小学校の出身の方です。

講演の内容をちょこっと紹介しましょう。


◆「会社にとって一番大事なことは信用です。信用できない会社には出資してもらえませんし、製品も買ってもらえません。そして、信用というのは会社だけでなく、これからの『学生や社会人』としての生活の中でとても重要なことなのです。心にとめておいてください。」


◆「仕事は決して一人では出来ません。物を作って売るにも買ってくれる人が必要です。どんな仕事も人との関わりなしに行うことは出来ません。仕事とは周りの人との共同作業ということを認識してほしいと思います。」


などなど、会社にとってまた、人として大切なことをお話しくださいました。

最後に質問タイムです。
Q. チラシをつくる時に大事なことは
Q. 赤字になることはありますか
Q. たくさん買ってもらうには
Q. 社長をして大切なこと
Q. 会議を上手く進めるには
いろいろな質問が出ました。

中でも、三浦さんが「すごい質問」といったのは、「会議を上手く進めるには?」です。

A. 大人も苦労していることですね。特に皆さんは会議の時間が決まっているので、時間内に進めなくてはなりません。会議で大事なのは、その会議の目的です。目的がないと会議は前に進みません。目的があれば、それに向かって議論すれば良いのです。

最後に、これから社会人になる皆へのメッセージをお願いされて、
「皆さん学校でいろいろな勉強をしています。多分中には、本当に役に立つのかなと考えている人もいるかもしれません。でも、学校の勉強で無駄なことは一つもありません。勉強はこれから社会人になる基礎となるものです。クラスでのチームワークや勉強の進め方など、仕事に通じるものです。そういったことを頭において、半年ちょっとの小学校生活ですが頑張ってほしいと思います。」

6年生のみなさん、期待してますよ~

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


プログラミング教室 開催のお知らせ

小学部5・6年生 保護者のみなさま

春暖の候、保護者のみなさまにはご清栄のこととお慶び申しあげます。また日頃より学校支援本部活動にご支援を賜り厚く御礼を申し上げます。

さて、ご承知の通り平成32年度からプログラミング教育が必修化されます。学校支援本部では、ご好評いただいております漢字・英語検定事業、手習い塾、わくわく算数レストランに加え、本年度より段階的にプログラミング教室を開催することになりました。小学部から中学部への継続かつ発展的な取組みとして、また地域の力で先生方、子どもたちを支えていく事業の1つとしてスタートすることとなりました。

高学年となり、親子一緒に取組み学ぶ機会も少なくなってきたことと思いますが、プログラミングという新しい教育を親子で体験してみませんか。

募集要項

名称  :プログラミング教室(初級)(*1)
場所  :杉並和泉学園内
募集対象:小学部5・6年生及び保護者、2名1組
募集組数:10組~20組/1回 (*2)
受講料 :無料
内容  :Scratch(スクラッチ)の使い方の習得・簡単なプログラム作成(*3)
機材  :杉並和泉学園に配備されているタブレットPCを使用(1台/1組)

申込み方法:
①申込用紙を担任の先生へ提出、または、
②ウェブから申込(学校から配布のプリントを参照してください)(*4)

開催予定日:
第1回 6月16日(土)10:00~12:00
第2回 6月30日(土)10:00~12:00
第3回 7月21日(土)10:00~12:00

申込締切日:平成30年5月16日(水)

(*1)参加状況により、中級、上級編の開催を検討していきます。
(*2)お申込み多数の場合は抽選となります。3回の内、1回のみ参加とさせていただきます。
(*3)3回とも同じ内容となります。
(*4)①②どちらか一方でお申し込みください。

問合せ先
学校支援本部 事務局
・ファックス:03-6379-2857

続きを読む ›

カテゴリー: プログラミング, 学校支援本部, 授業サポート


4 年生 「二分の一成人式」と「ようこそ 20 才の先輩」

2/17(土)の 1・2 時間目に大アリーナで二分の一成人式がありました。
当日はたくさんの保護者の方がカメラやビデオを持って参観していました。

また、大アリーナには前日に 4 年 3 組が生けたお花が彩りを添えていました。

合奏や合唱もあり、盛りだくさんのプログラムです。

メインイベントは、児童一人一人が舞台に上がって宣言する「これからの成長に向けて」です。「将来どんな大人になりたいか」「実現するために何をしていくか」などについて発表しました。

この「これからの成長に向けて」を考える一つの取り組みとして、昨年の 12/2(土)今年成人式を迎えた卒業生8名を招いて「ようこそ、20 才の先輩」という授業がありました。

どんな授業だったかというと、8つのグループ(2時間目以降は 7 つのグループ)に分かれ、20 歳の先輩に質問をします。

「小学生でやっておけばよかったことはありますか。」の質問に対して、「僕はサッカー一色だったけど、みんなにはいろんなことを経験してほしい。やった事が無いことは選択肢に入
らない事が多いから。」

「どのような夢がありますか。夢はかないましたか。」については、「夢はあったけど、今自分の本当の夢は何なのか分からなくなっている」とか、「夢は音楽家になりたかったけど、
今の夢は音楽に携わる仕事に就くこと。」「いま、写真を勉強している」など等身大の話が聞けました。

海外留学を経験していたり、来年留学する先輩もいたりして、刺激的な話を聞くことが出来ました。

先輩からの締めの言葉は、
・「自分が話しているというより、半分みんなの話を聞いてました。自分が4年のとき、こんなにしっかりしてたかな。みんなを見て安心しました。」
・「活気があって良かったです。今のままでのびやかに成長して欲しいです。」
・「みんなの元気さ、純粋さに自分の方が影響を受けました。」
・「みんなからの質問に答えることで、自分が頑張っていることを再確認できました。」
20 歳の彼らにも得るものがあったのなら、こんなに嬉しいことはありません。

保護者の方も赤ちゃんだった我が子が10歳になり、二分の一成人式を迎え成長を実感したことと思います。10年間の成長ってすごいですよね。

10 歳のキミも、20 歳のあなたも、みんなの夢が叶いますように…

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


3年生「かわってきた人々のくらし」

2/17(土)、3年生 社会「かわってきた人々のくらし」の授業がありました。
当日は小グループに分かれ、それぞれが調べた昔の道具について発表をしました。各グループには地域の方が 1 名入り、児童の発表に耳をかたむけ、発表のあとにはどのようにその道具を使っていたかなどについて説明をしてくださいました。

 

調べた道具についてグループ毎に発表している様子

 

実際に借りてきた道具を前に説明しましたが、借りることの出来なかった道具についてはパソコンで画像を表示しながら説明しました。

 

児童たちの発表のあと、それぞれの道具について説明してくださる様子。

 

電話機は 2 種類ありました。右のタイプは私も、映画やドラマでしか見たことありません。
黒電話、懐かしいですね。子どもたちには「ダイヤルを回す」って通じないですよね。

 
地域の方々には、道具の使い方だけでなく、そのころの生活の様子などもお話しいただきました。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


昔あそび

1月30日(火)、1年生と「昔あそび」をするために地域の方や卒業生保護者・いずみんなクラブの「スポーツ」をお願いしているスポーツ推進委員の方など総勢 40 名にご来校いただきました。
2クラス一緒の2時間の授業の中で子どもたちはグループに分かれ、「コマ回し」「けん玉」「おはじき」「お手玉」「ゴムだん」「はねつき」「めんこ」「あやとり」全部のあそびを体験します。
 

当日はとても寒い日で、暖房設備のない小アリーナで教えてくださった方たちが心配でしたが、なになに皆さんお若い。コートを脱いで子どもたちと一緒に遊んでくださいました。
 

「コマ回し」は上手にひもを巻けないと回ってくれません。ひもの巻き方や持ち方・投げ方のコツを教わりながらチャレンジ。中には「ちっちのち」と言いながら対決しているとても上手な子どもたちもいました。
 
「はねつき」はちょっと難しかったかな。なかなか続けるのが大変でした。でも、みんな楽しそうだったので良かった~。
 

ゴムだん、小学生の時やってました~。お手本を見せてもらった子どもたちが次々と挑戦。
みんな上手に飛べていました。
 

小アリーナを出ると「けん玉」
 

「めんこ」に「お手玉」
 

 

生活科室では「あやとり」「おはじき」
 

地域の人に教えてもらいながらチャレンジしていました。
いろんな遊びを経験したり、色々な人と関わる中で何かを吸収してくれたら嬉しいです。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


茶道体験

「日本の伝統文化理解教育」のひとつとして、杉並和泉学園の全児童・生徒が茶道を体験しています。クラス毎に1時限を使用して行っています。今回は12/5、3年生の茶道体験を取材してきました。

昨年度も全児童・生徒が茶道体験をしましたので、3年生は2回目の体験になります。前回は客人としてお茶を頂くだけでしたが、今回は亭主と客人の両方を経験しました。


教えていただくのは、裏千家正教授の笠松恵美子先生(中央)、同じく裏千家正教授の影山純子先生(左)、そしていつもは荒川美紀先生(裏千家茶名)ですが今回はピンチヒッターで影山先生の娘のさわこ先生(右)の3名です。できるだけ茶室に近づけるため、季節に合わせた掛物と花入れも飾っています。


入り口でまずは部屋への入り方を教えてもらいます。


続いて立ち方、座り方、正座の姿勢、お辞儀の仕方、正座からの立ちあがり方を教えてもらいました。


綺麗にすっと座ったり立ったりする方法(是非子どもに教えてもらってください)、手を畳についたりしてはダメなんです。天井から吊るされている感じで背筋を伸ばして正座をします。正座をした時の手の置き方も習います。

次に、1 グループ10 人で亭主と客人に分かれて先生方から教えていただきます。

お菓子の取り方、お手前の仕方、お茶のいただき方、すべてに共通するのが挨拶です。
「お先に」「お菓子をどうぞ」「頂戴します」など言葉とともにお辞儀をするだけでなく、菓子器や茶碗を掲げて無言で感謝をする。先生からは「自分が挨拶したと思っても、相手に伝わっていなければ挨拶したことになりません。相手と気持ちを合わせて挨拶しましょう」また、「お茶のお手前や作法は忘れてしまうかもしれませんが、お茶を通して学んだ感謝や相手を思いやる気持ちは忘れないでください。」と、私たちも心掛けなければいけない大切なことを教えていただきました。

子どもたちからは、「難しかったけど、美味しかった」「去年は苦かったけど今年は苦くなかった」「自分で点てたお茶を自分で飲んでみたい」などの感想が寄せられました。先生方からは、「2回目に亭主になる人は1回目の説明をきちんと聞いていたので、細かく説明しなくても出来ていました。」「お友達に教えてあげていて、とても良かったと思います」「聞く態度が立派だった」とおほめの言葉を頂きました。

支援本部は、事前に講師の手配・お茶道具の準備・菓子やお抹茶の手配をします。また、当日は講師の先生方と7:30 に集合して、畳の雑巾がけをし、お茶椀や茶筅をすべて洗い、授業で使用する分のお抹茶を粉ふるいにかけるなどの準備をします。授業の間は半東(お茶椀や茶筅を洗ったり、お菓子やお湯の用意など)の役割などお手伝いしました。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


6年生 戦争体験

6年生は「戦争体験者から直接お話を聞く」授業がありました。
今回お話に来ていただいたのは昭和2年12月12日生まれの久保田利雄さんです。90才のお誕生日直前の11/30に来校いただきました。

久保田さんは戦後70 年(2015 年)の時、地域センターで戦争体験を語った経験があり、自分の体験を本にまとめていました。事前にその本を配っていましたので、6年生は朝学習の時間などを利用して体験を学習していました。

当日は6年生の理解がさらに深まるようにと、支援本部で本の中に出てくる場所や体験した事などの写真をパワーポイントにまとめました。

久保田さんは直接軍隊に入隊して戦争に行った訳ではありませんが、14 才(昭和17年)のときに満蒙(まんもう)開拓(かいたく)少年(しょうねん)義勇軍(ぎゆうぐん)に志願し満州の三江省樺川県の追分訓練所に行かれました。

この写真は壮行式で答辞を読む高等小学校の卒業生です。14才、まだまだ幼さの残る少年たちが親元を離れ満州の地に渡ったのです。14才は今の中学2年生、お話を聞いた6年生のほんの2才年上に過ぎません。

満州へは開拓を目的に行ったのですが、訓練所に着くとすぐ歩哨の当番があり、1時間ずつ3交替で24 時間、銃をもって見張りにつきました。

秋までは農作業ができますが、冬は農作業ができません。そのため、近くの軍事部隊に入隊し軍事訓練を受けたそうです。

3年目の昭和20年8月に日本は無条件降伏をしますが、前年の昭和19 年の5 月頃から開拓団のメンバーも戦争へと駆り出されていきます。久保田さんも昭和19年11月に貨物省へ徴収されました。昭和20年8月9日にはソ連軍の戦車部隊が日本軍へ攻撃を始め、飛行機からの機銃掃射も受けました。生きていましたがソ連軍に収容され3年間の抑留生活を送り、昭和23年の12月に日本に戻ってきたときには21 才目前となっていました。

質疑応答では、戦争中の空気感はとの質問に「戦争に行きたいと思っていたのはほんの一部の将校だけ。みんな戦争には行きたくなかった。でもそんなことを口にしたら政府に逮捕されてしまう。本当に厳しい時代でした。」と今がどれほど恵まれているかお話しくださいました。

授業が終わって一人の児童がどうしても久保田さんに渡したいものがあると、学園長室まで届けてくれたものは、カルピスウォーターでした。なぜなら、久保田さんが本の中で「この世にこんな旨い物がある事を初めて知りました。あの味は今でも忘れられません。」と形容していたのがカルピスだったからです。優しさをありがとう(^‿^)

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


月別の記事

カテゴリー別の記事