ブログアーカイブ

4 年生 「二分の一成人式」と「ようこそ 20 才の先輩」

2/17(土)の 1・2 時間目に大アリーナで二分の一成人式がありました。
当日はたくさんの保護者の方がカメラやビデオを持って参観していました。

また、大アリーナには前日に 4 年 3 組が生けたお花が彩りを添えていました。

合奏や合唱もあり、盛りだくさんのプログラムです。

メインイベントは、児童一人一人が舞台に上がって宣言する「これからの成長に向けて」です。「将来どんな大人になりたいか」「実現するために何をしていくか」などについて発表しました。

この「これからの成長に向けて」を考える一つの取り組みとして、昨年の 12/2(土)今年成人式を迎えた卒業生8名を招いて「ようこそ、20 才の先輩」という授業がありました。

どんな授業だったかというと、8つのグループ(2時間目以降は 7 つのグループ)に分かれ、20 歳の先輩に質問をします。

「小学生でやっておけばよかったことはありますか。」の質問に対して、「僕はサッカー一色だったけど、みんなにはいろんなことを経験してほしい。やった事が無いことは選択肢に入
らない事が多いから。」

「どのような夢がありますか。夢はかないましたか。」については、「夢はあったけど、今自分の本当の夢は何なのか分からなくなっている」とか、「夢は音楽家になりたかったけど、
今の夢は音楽に携わる仕事に就くこと。」「いま、写真を勉強している」など等身大の話が聞けました。

海外留学を経験していたり、来年留学する先輩もいたりして、刺激的な話を聞くことが出来ました。

先輩からの締めの言葉は、
・「自分が話しているというより、半分みんなの話を聞いてました。自分が4年のとき、こんなにしっかりしてたかな。みんなを見て安心しました。」
・「活気があって良かったです。今のままでのびやかに成長して欲しいです。」
・「みんなの元気さ、純粋さに自分の方が影響を受けました。」
・「みんなからの質問に答えることで、自分が頑張っていることを再確認できました。」
20 歳の彼らにも得るものがあったのなら、こんなに嬉しいことはありません。

保護者の方も赤ちゃんだった我が子が10歳になり、二分の一成人式を迎え成長を実感したことと思います。10年間の成長ってすごいですよね。

10 歳のキミも、20 歳のあなたも、みんなの夢が叶いますように…

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


3年生「かわってきた人々のくらし」

2/17(土)、3年生 社会「かわってきた人々のくらし」の授業がありました。
当日は小グループに分かれ、それぞれが調べた昔の道具について発表をしました。各グループには地域の方が 1 名入り、児童の発表に耳をかたむけ、発表のあとにはどのようにその道具を使っていたかなどについて説明をしてくださいました。

 

調べた道具についてグループ毎に発表している様子

 

実際に借りてきた道具を前に説明しましたが、借りることの出来なかった道具についてはパソコンで画像を表示しながら説明しました。

 

児童たちの発表のあと、それぞれの道具について説明してくださる様子。

 

電話機は 2 種類ありました。右のタイプは私も、映画やドラマでしか見たことありません。
黒電話、懐かしいですね。子どもたちには「ダイヤルを回す」って通じないですよね。

 
地域の方々には、道具の使い方だけでなく、そのころの生活の様子などもお話しいただきました。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


昔あそび

1月30日(火)、1年生と「昔あそび」をするために地域の方や卒業生保護者・いずみんなクラブの「スポーツ」をお願いしているスポーツ推進委員の方など総勢 40 名にご来校いただきました。
2クラス一緒の2時間の授業の中で子どもたちはグループに分かれ、「コマ回し」「けん玉」「おはじき」「お手玉」「ゴムだん」「はねつき」「めんこ」「あやとり」全部のあそびを体験します。
 

当日はとても寒い日で、暖房設備のない小アリーナで教えてくださった方たちが心配でしたが、なになに皆さんお若い。コートを脱いで子どもたちと一緒に遊んでくださいました。
 

「コマ回し」は上手にひもを巻けないと回ってくれません。ひもの巻き方や持ち方・投げ方のコツを教わりながらチャレンジ。中には「ちっちのち」と言いながら対決しているとても上手な子どもたちもいました。
 
「はねつき」はちょっと難しかったかな。なかなか続けるのが大変でした。でも、みんな楽しそうだったので良かった~。
 

ゴムだん、小学生の時やってました~。お手本を見せてもらった子どもたちが次々と挑戦。
みんな上手に飛べていました。
 

小アリーナを出ると「けん玉」
 

「めんこ」に「お手玉」
 

 

生活科室では「あやとり」「おはじき」
 

地域の人に教えてもらいながらチャレンジしていました。
いろんな遊びを経験したり、色々な人と関わる中で何かを吸収してくれたら嬉しいです。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


茶道体験

「日本の伝統文化理解教育」のひとつとして、杉並和泉学園の全児童・生徒が茶道を体験しています。クラス毎に1時限を使用して行っています。今回は12/5、3年生の茶道体験を取材してきました。

昨年度も全児童・生徒が茶道体験をしましたので、3年生は2回目の体験になります。前回は客人としてお茶を頂くだけでしたが、今回は亭主と客人の両方を経験しました。


教えていただくのは、裏千家正教授の笠松恵美子先生(中央)、同じく裏千家正教授の影山純子先生(左)、そしていつもは荒川美紀先生(裏千家茶名)ですが今回はピンチヒッターで影山先生の娘のさわこ先生(右)の3名です。できるだけ茶室に近づけるため、季節に合わせた掛物と花入れも飾っています。


入り口でまずは部屋への入り方を教えてもらいます。


続いて立ち方、座り方、正座の姿勢、お辞儀の仕方、正座からの立ちあがり方を教えてもらいました。


綺麗にすっと座ったり立ったりする方法(是非子どもに教えてもらってください)、手を畳についたりしてはダメなんです。天井から吊るされている感じで背筋を伸ばして正座をします。正座をした時の手の置き方も習います。

次に、1 グループ10 人で亭主と客人に分かれて先生方から教えていただきます。

お菓子の取り方、お手前の仕方、お茶のいただき方、すべてに共通するのが挨拶です。
「お先に」「お菓子をどうぞ」「頂戴します」など言葉とともにお辞儀をするだけでなく、菓子器や茶碗を掲げて無言で感謝をする。先生からは「自分が挨拶したと思っても、相手に伝わっていなければ挨拶したことになりません。相手と気持ちを合わせて挨拶しましょう」また、「お茶のお手前や作法は忘れてしまうかもしれませんが、お茶を通して学んだ感謝や相手を思いやる気持ちは忘れないでください。」と、私たちも心掛けなければいけない大切なことを教えていただきました。

子どもたちからは、「難しかったけど、美味しかった」「去年は苦かったけど今年は苦くなかった」「自分で点てたお茶を自分で飲んでみたい」などの感想が寄せられました。先生方からは、「2回目に亭主になる人は1回目の説明をきちんと聞いていたので、細かく説明しなくても出来ていました。」「お友達に教えてあげていて、とても良かったと思います」「聞く態度が立派だった」とおほめの言葉を頂きました。

支援本部は、事前に講師の手配・お茶道具の準備・菓子やお抹茶の手配をします。また、当日は講師の先生方と7:30 に集合して、畳の雑巾がけをし、お茶椀や茶筅をすべて洗い、授業で使用する分のお抹茶を粉ふるいにかけるなどの準備をします。授業の間は半東(お茶椀や茶筅を洗ったり、お菓子やお湯の用意など)の役割などお手伝いしました。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


6年生 戦争体験

6年生は「戦争体験者から直接お話を聞く」授業がありました。
今回お話に来ていただいたのは昭和2年12月12日生まれの久保田利雄さんです。90才のお誕生日直前の11/30に来校いただきました。

久保田さんは戦後70 年(2015 年)の時、地域センターで戦争体験を語った経験があり、自分の体験を本にまとめていました。事前にその本を配っていましたので、6年生は朝学習の時間などを利用して体験を学習していました。

当日は6年生の理解がさらに深まるようにと、支援本部で本の中に出てくる場所や体験した事などの写真をパワーポイントにまとめました。

久保田さんは直接軍隊に入隊して戦争に行った訳ではありませんが、14 才(昭和17年)のときに満蒙(まんもう)開拓(かいたく)少年(しょうねん)義勇軍(ぎゆうぐん)に志願し満州の三江省樺川県の追分訓練所に行かれました。

この写真は壮行式で答辞を読む高等小学校の卒業生です。14才、まだまだ幼さの残る少年たちが親元を離れ満州の地に渡ったのです。14才は今の中学2年生、お話を聞いた6年生のほんの2才年上に過ぎません。

満州へは開拓を目的に行ったのですが、訓練所に着くとすぐ歩哨の当番があり、1時間ずつ3交替で24 時間、銃をもって見張りにつきました。

秋までは農作業ができますが、冬は農作業ができません。そのため、近くの軍事部隊に入隊し軍事訓練を受けたそうです。

3年目の昭和20年8月に日本は無条件降伏をしますが、前年の昭和19 年の5 月頃から開拓団のメンバーも戦争へと駆り出されていきます。久保田さんも昭和19年11月に貨物省へ徴収されました。昭和20年8月9日にはソ連軍の戦車部隊が日本軍へ攻撃を始め、飛行機からの機銃掃射も受けました。生きていましたがソ連軍に収容され3年間の抑留生活を送り、昭和23年の12月に日本に戻ってきたときには21 才目前となっていました。

質疑応答では、戦争中の空気感はとの質問に「戦争に行きたいと思っていたのはほんの一部の将校だけ。みんな戦争には行きたくなかった。でもそんなことを口にしたら政府に逮捕されてしまう。本当に厳しい時代でした。」と今がどれほど恵まれているかお話しくださいました。

授業が終わって一人の児童がどうしても久保田さんに渡したいものがあると、学園長室まで届けてくれたものは、カルピスウォーターでした。なぜなら、久保田さんが本の中で「この世にこんな旨い物がある事を初めて知りました。あの味は今でも忘れられません。」と形容していたのがカルピスだったからです。優しさをありがとう(^‿^)

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


4年1組 華道体験

4年生は全クラスが華道の体験をします。

昨年は展覧会に展示するため全クラス同時期に行いましたが、今年度はクラス単位に時期をずらして行います。10/4 に行った4年1組の作品は、昇降口から大アリーナまでの通路に展示。文字通り学芸会に花を添えていましたね。

昨年度は一度に約90 名の児童の作品を飾るため、陶器の花器ではなくペットボトルを利用してお花を生けましたが、今回は花器に生けました。昨年、支援本部は剣山を90 個用意するのに東奔西走しましたが、今年は33 個の花器を用意しました。

授業の前日の放課後に車で花器を搬入して梱包を解いて並べ、届いたお花を一人分ずつに
分け終わると18時を過ぎていました。翌朝も8:30 に集合して花ばさみやホチキスを準
備、子ども達を迎えました。

昨年に引き続き、講師は龍生派の大澤一綸(いちりん)先生です。まずは子ども達にクイズを
出します。

「生け花は何年前からあるでしょう?」
①700 年
②400 年
③130 年

みんなに手を挙げてもらいました。半分くらいが正解の700 年前に手を挙げていました。「何のためにお花を生けたんだろう?」「どこに飾る?」「誰のために?」子ども達に考えてもらいます。先生は「誰かのためにお花を飾りたいと思う。どうせならカッコよく綺麗に見えるようにした方がいいじゃない。今日はカッコよくお花を生けてください。

でも難しく考えないで。生け花がもし難しいものだったら700 年も続いてないと思う。みんなにも出来るものだからずーっと続いてきているの。」とアドバイスをいただいた後、生け花の基本の形を教えてもらいました。


まずは真(しん)にするお花を選びます。


真(しん)・副(そえ)・体(たい)の3本は慎重にバランスを見ながら生けました。

残りの3本は先生のアドバイス通り、自由にカッコよく生けました。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


3・4 年生 お琴指導

夏休み直前の7/18・7/19 そして夏休み直後の8/30~9/1 の期間、3・4 年生各クラス3時間ずつお琴の授業がありました。昨年度から和泉にお住いのお琴の先生に指導をお願いしています。
お琴は全部で34 面あり、クラス全員で練習ができます。それゆえ、お琴をケースから出してすべて調弦するのは時間がかかります。

お琴の師匠の鎌田先生と師匠の免状を持っている娘さんの江口さん、和太鼓でもお世話になった坂口さんには授業の1時間以上前から来ていただいて、調弦してもらいました。夏休みにお琴を習いに行っていた音楽の長谷川先生にも調弦していただき、他にケースからお琴を出して並べるサポートに1 名。総勢5名で準備をしました。

児童が入室するとまず座り方の指導です。お琴に対して斜めに座ります。次に爪の付け方を教わります。親指・人差し指・中指に付けます。
音楽室は板間なので防災頭巾を持ってくる児童もいました。正座が一番苦労したことかもしれません。

今回は、3時間の授業で「さくらさくら」が弾けるようになるのが目標です。
4年生の希望者は9/2 のさざんかフェスタの舞台で「さくらさくら」をお披露目しました。

お琴は13 弦からなり、一~十・斗・為・巾で表されます。その楽譜を見ながら挑戦します。

どうですか? 初めてでも様になってるでしょ。
全体練習で一通り弾けるようになったら、小グループごとに弾いてもらい丁寧にフォローが入ります。こうして全クラス「さくらさくら」が弾けるようになりました。

さざんかフェスタの舞台参加希望者は、放課後に残って練習しました。
みなさん舞台は観てくれましたか。

お琴の師匠 鎌田先生は、最近お琴を習う人が少なくなってきていることを憂い、子供たちがお琴に触れる機会のお手伝いができるならと講師をお引き受けてくださっています。それをサポートしてくれる娘さんは和泉小出身で、お琴の師範の免状もお持ちですがビオラの奏者でもあります。地域の方々に恵まれているなぁと感じた取材でした。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


稲作サポーター 小出さん

和泉仲通り商栄会・こいで生花店の小出さんが稲作のサポートに携わるようになったのは、新泉小学校に息子さんが通っていたころにさかのぼります。「環境サポーター」として花壇の植替えや管理、卒業式に使う鉢植えを生徒と一緒に育てたり、野菜の苗植えの手伝いをしていました。その頃はバケツで稲を育てており、数年間全滅だったのだとか。それを見かねた小出さんが、物置き場と化していた田んぼのスペースを使えるようにしてはどうかと校長先生に提案。4・5 年の先生とPTA が協力して田んぼを作ったそう。物を片づけ、土を1メートルの深さまで掘り、水がはけないようにブルーシートを敷いて土を入れる。文字にすると簡単だけど、すごく大変な作業だったのでしょう。なにせ今回の土づくりをみて、土を柔らかくする作業だけでも重労働。それなのに、1メートルも掘るなんて!本当に頭が下がります。それもこれも、当時5年生になる息子の稲作は成功して欲しいからという気持ちがモチベーションになったのだとか。

杉並和泉学園のスカイコートに田植えができる場所ができたのは、当時の相馬校長先生がバケツ稲しかできなかった和泉小でも、新しい学校では田植えをさせてやりたいとの思いから実現したそうです。でも、当初屋上にそんなスペースがあるとは知らず、打ち合わせのときに知ることに。すでに入っている土は田んぼに不向きな粘土質で、土を半分入れ替えたり、「足りない分をバケツ稲で補う」と聞いて、新泉小に残っていた稲作用のプールをもらい受け、トラックで運んでくださったりと本当によくしてくださっています。

稲作を指導した児童から、「ぼくは農大に行って農家になりたいんです。」と打ち明けられ、今でも種を買いにお店に顔をだしてくれる子もいるんです。なんて話を聞くと、地域の方とその後も交流できていることが素敵だなと思うワタシなのでした。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


5年生 稲作(土づくり~田植え)

6/15(金)に「稲作の土づくり」、6/19(月)には「田植え」を行いました。稲作は新泉小学校の時から今年で11年、和泉仲通り商栄会の「こいで生花店」の小出ご夫婦にサポートしてもらっています。奥様が長崎県出身でご実家がたくさん田んぼをもっているということで、苗の手配もお願いしています。


まずは小出さんから『稲作』について教えてもらいます。「種もみを塩水につけ発芽させ」と始まり、「土づくり・田植えをして、その後も、草取り、いつ花が咲くか、花が咲いてから実になるまでどれくらいかかるのか。また、コメが実るとすずめが食べに来るので、ネットをかけたりと収穫まで観察やお世話が続きます。」との事。

「今日みんながやる作業は土づくり。去年刈り取ったあとの稲株や落ち葉はそのまま混ぜて肥料にします。また、去年残してある藁を短くして土に混ぜます。」


ということで、硬くなった土をシャベルやスコップでほぐします。


去年残しておいた藁は、短くして土に混ぜ肥料にします。


手で混ぜてくれた児童も。


田んぼは校庭とスカイコート2か所にあります。


子どもの力では底まで土を混ぜるのは難しく、屋上の田んぼまでは土を混ぜる時間がなかったので、仕上げは小出さんのご主人と先生が放課後に行いました。みっちり2時間以上。ご苦労様です。


おかげで土も柔らかくなり、いよいよ田植えです。
スカイコートからは新宿のビル群が望めます。シチュエーションがすごいです。


苗は4~5本を1束として指で包むように持ち、まっすぐに土に指して手を放して植えつけます。


お察しの通り、おおさわぎです。土の中に足がズブズブと入ってしまうので、入るのを躊躇する子や足が抜けなくなる子、楽しんじゃう子とそれぞれが3~6本の苗を植えました。

稲と子どもの成長が楽しみですね。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


授業サポート 8年《音楽》和太鼓指導

6月12日(月)の2・3時間目、8年生の音楽の授業サポート報告です。和太鼓の指導は今年も、和泉中卒業生の保護者である「和泉和太鼓同好会」のみなさんにお願いしました。


朝9:00には来校して倉庫から学校の和太鼓と「和泉和太鼓同好会」の和太鼓、合わせて10台を運んで武道場に設置。みなさん女性なのあっという間に終わってしまった…


設置が終わったら軽く打合せをしてストレッチ。


みなさん地下足袋を履いてます。


和泉和太鼓同好会の吉田さんが生徒にプリントを作成。太鼓に向き合う気持ちや基本について。また、今日たたく太鼓のリズムを譜面に起こしたものです。これは事前に生徒に配られていました。


まずは撥(ばち)の持ち方・姿勢を教わって、


基本のリズムをたたきます。


つぎに、「三宅」のお手本を披露。足を大きく開いて腰を落としたこの姿勢からスタートです。

なんとなくやる気のない感じの生徒たち(中学生はなぜしぶしぶとした態度なのかなぁ。まぁ思春期だからなんだけど…)はこの1時間で「三宅」をたたけるのか! と私が思っていると、「昨年もみんなたたけるようになったので、みんなも出来るからね」とのお言葉。


練習あるのみ。和太鼓同好会の5人と音楽の上出先生が生徒の中に入って教えます。


するとあら不思議、何人かの生徒はやる気スイッチ入ってる! 授業後吉田さんにお話を伺うと、「毎回、太鼓をたたいているうちに必ず目がキラキラしてくる生徒がいるんです」との事。そして最後にはみんなで気持ちを合わせ、太鼓の音も一つになった演奏をみせてくれました。

生徒が教室に帰ったら太鼓の片づけです。「和泉和太鼓同好会」の方たちはボランティアで来てくださっています。「和泉和太鼓同好会」は和泉中PTA開催の講演会がきっかけで、保護者が中心となって平成15年に発足したそう。現在も毎週木曜日の19:30~21:00に武道場で練習しています。現在のメンバーは6名。興味のある方は支援本部にメールいただくか、直接練習日に武道場においでください。見学だけでも大歓迎です。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


月別の記事

カテゴリー別の記事