ブログアーカイブ

4年1組 華道体験

4年生は全クラスが華道の体験をします。

昨年は展覧会に展示するため全クラス同時期に行いましたが、今年度はクラス単位に時期をずらして行います。10/4 に行った4年1組の作品は、昇降口から大アリーナまでの通路に展示。文字通り学芸会に花を添えていましたね。

昨年度は一度に約90 名の児童の作品を飾るため、陶器の花器ではなくペットボトルを利用してお花を生けましたが、今回は花器に生けました。昨年、支援本部は剣山を90 個用意するのに東奔西走しましたが、今年は33 個の花器を用意しました。

授業の前日の放課後に車で花器を搬入して梱包を解いて並べ、届いたお花を一人分ずつに
分け終わると18時を過ぎていました。翌朝も8:30 に集合して花ばさみやホチキスを準
備、子ども達を迎えました。

昨年に引き続き、講師は龍生派の大澤一綸(いちりん)先生です。まずは子ども達にクイズを
出します。

「生け花は何年前からあるでしょう?」
①700 年
②400 年
③130 年

みんなに手を挙げてもらいました。半分くらいが正解の700 年前に手を挙げていました。「何のためにお花を生けたんだろう?」「どこに飾る?」「誰のために?」子ども達に考えてもらいます。先生は「誰かのためにお花を飾りたいと思う。どうせならカッコよく綺麗に見えるようにした方がいいじゃない。今日はカッコよくお花を生けてください。

でも難しく考えないで。生け花がもし難しいものだったら700 年も続いてないと思う。みんなにも出来るものだからずーっと続いてきているの。」とアドバイスをいただいた後、生け花の基本の形を教えてもらいました。


まずは真(しん)にするお花を選びます。


真(しん)・副(そえ)・体(たい)の3本は慎重にバランスを見ながら生けました。

残りの3本は先生のアドバイス通り、自由にカッコよく生けました。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


3・4 年生 お琴指導

夏休み直前の7/18・7/19 そして夏休み直後の8/30~9/1 の期間、3・4 年生各クラス3時間ずつお琴の授業がありました。昨年度から和泉にお住いのお琴の先生に指導をお願いしています。
お琴は全部で34 面あり、クラス全員で練習ができます。それゆえ、お琴をケースから出してすべて調弦するのは時間がかかります。

お琴の師匠の鎌田先生と師匠の免状を持っている娘さんの江口さん、和太鼓でもお世話になった坂口さんには授業の1時間以上前から来ていただいて、調弦してもらいました。夏休みにお琴を習いに行っていた音楽の長谷川先生にも調弦していただき、他にケースからお琴を出して並べるサポートに1 名。総勢5名で準備をしました。

児童が入室するとまず座り方の指導です。お琴に対して斜めに座ります。次に爪の付け方を教わります。親指・人差し指・中指に付けます。
音楽室は板間なので防災頭巾を持ってくる児童もいました。正座が一番苦労したことかもしれません。

今回は、3時間の授業で「さくらさくら」が弾けるようになるのが目標です。
4年生の希望者は9/2 のさざんかフェスタの舞台で「さくらさくら」をお披露目しました。

お琴は13 弦からなり、一~十・斗・為・巾で表されます。その楽譜を見ながら挑戦します。

どうですか? 初めてでも様になってるでしょ。
全体練習で一通り弾けるようになったら、小グループごとに弾いてもらい丁寧にフォローが入ります。こうして全クラス「さくらさくら」が弾けるようになりました。

さざんかフェスタの舞台参加希望者は、放課後に残って練習しました。
みなさん舞台は観てくれましたか。

お琴の師匠 鎌田先生は、最近お琴を習う人が少なくなってきていることを憂い、子供たちがお琴に触れる機会のお手伝いができるならと講師をお引き受けてくださっています。それをサポートしてくれる娘さんは和泉小出身で、お琴の師範の免状もお持ちですがビオラの奏者でもあります。地域の方々に恵まれているなぁと感じた取材でした。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


稲作サポーター 小出さん

和泉仲通り商栄会・こいで生花店の小出さんが稲作のサポートに携わるようになったのは、新泉小学校に息子さんが通っていたころにさかのぼります。「環境サポーター」として花壇の植替えや管理、卒業式に使う鉢植えを生徒と一緒に育てたり、野菜の苗植えの手伝いをしていました。その頃はバケツで稲を育てており、数年間全滅だったのだとか。それを見かねた小出さんが、物置き場と化していた田んぼのスペースを使えるようにしてはどうかと校長先生に提案。4・5 年の先生とPTA が協力して田んぼを作ったそう。物を片づけ、土を1メートルの深さまで掘り、水がはけないようにブルーシートを敷いて土を入れる。文字にすると簡単だけど、すごく大変な作業だったのでしょう。なにせ今回の土づくりをみて、土を柔らかくする作業だけでも重労働。それなのに、1メートルも掘るなんて!本当に頭が下がります。それもこれも、当時5年生になる息子の稲作は成功して欲しいからという気持ちがモチベーションになったのだとか。

杉並和泉学園のスカイコートに田植えができる場所ができたのは、当時の相馬校長先生がバケツ稲しかできなかった和泉小でも、新しい学校では田植えをさせてやりたいとの思いから実現したそうです。でも、当初屋上にそんなスペースがあるとは知らず、打ち合わせのときに知ることに。すでに入っている土は田んぼに不向きな粘土質で、土を半分入れ替えたり、「足りない分をバケツ稲で補う」と聞いて、新泉小に残っていた稲作用のプールをもらい受け、トラックで運んでくださったりと本当によくしてくださっています。

稲作を指導した児童から、「ぼくは農大に行って農家になりたいんです。」と打ち明けられ、今でも種を買いにお店に顔をだしてくれる子もいるんです。なんて話を聞くと、地域の方とその後も交流できていることが素敵だなと思うワタシなのでした。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


5年生 稲作(土づくり~田植え)

6/15(金)に「稲作の土づくり」、6/19(月)には「田植え」を行いました。稲作は新泉小学校の時から今年で11年、和泉仲通り商栄会の「こいで生花店」の小出ご夫婦にサポートしてもらっています。奥様が長崎県出身でご実家がたくさん田んぼをもっているということで、苗の手配もお願いしています。


まずは小出さんから『稲作』について教えてもらいます。「種もみを塩水につけ発芽させ」と始まり、「土づくり・田植えをして、その後も、草取り、いつ花が咲くか、花が咲いてから実になるまでどれくらいかかるのか。また、コメが実るとすずめが食べに来るので、ネットをかけたりと収穫まで観察やお世話が続きます。」との事。

「今日みんながやる作業は土づくり。去年刈り取ったあとの稲株や落ち葉はそのまま混ぜて肥料にします。また、去年残してある藁を短くして土に混ぜます。」


ということで、硬くなった土をシャベルやスコップでほぐします。


去年残しておいた藁は、短くして土に混ぜ肥料にします。


手で混ぜてくれた児童も。


田んぼは校庭とスカイコート2か所にあります。


子どもの力では底まで土を混ぜるのは難しく、屋上の田んぼまでは土を混ぜる時間がなかったので、仕上げは小出さんのご主人と先生が放課後に行いました。みっちり2時間以上。ご苦労様です。


おかげで土も柔らかくなり、いよいよ田植えです。
スカイコートからは新宿のビル群が望めます。シチュエーションがすごいです。


苗は4~5本を1束として指で包むように持ち、まっすぐに土に指して手を放して植えつけます。


お察しの通り、おおさわぎです。土の中に足がズブズブと入ってしまうので、入るのを躊躇する子や足が抜けなくなる子、楽しんじゃう子とそれぞれが3~6本の苗を植えました。

稲と子どもの成長が楽しみですね。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


授業サポート 8年《音楽》和太鼓指導

6月12日(月)の2・3時間目、8年生の音楽の授業サポート報告です。和太鼓の指導は今年も、和泉中卒業生の保護者である「和泉和太鼓同好会」のみなさんにお願いしました。


朝9:00には来校して倉庫から学校の和太鼓と「和泉和太鼓同好会」の和太鼓、合わせて10台を運んで武道場に設置。みなさん女性なのあっという間に終わってしまった…


設置が終わったら軽く打合せをしてストレッチ。


みなさん地下足袋を履いてます。


和泉和太鼓同好会の吉田さんが生徒にプリントを作成。太鼓に向き合う気持ちや基本について。また、今日たたく太鼓のリズムを譜面に起こしたものです。これは事前に生徒に配られていました。


まずは撥(ばち)の持ち方・姿勢を教わって、


基本のリズムをたたきます。


つぎに、「三宅」のお手本を披露。足を大きく開いて腰を落としたこの姿勢からスタートです。

なんとなくやる気のない感じの生徒たち(中学生はなぜしぶしぶとした態度なのかなぁ。まぁ思春期だからなんだけど…)はこの1時間で「三宅」をたたけるのか! と私が思っていると、「昨年もみんなたたけるようになったので、みんなも出来るからね」とのお言葉。


練習あるのみ。和太鼓同好会の5人と音楽の上出先生が生徒の中に入って教えます。


するとあら不思議、何人かの生徒はやる気スイッチ入ってる! 授業後吉田さんにお話を伺うと、「毎回、太鼓をたたいているうちに必ず目がキラキラしてくる生徒がいるんです」との事。そして最後にはみんなで気持ちを合わせ、太鼓の音も一つになった演奏をみせてくれました。

生徒が教室に帰ったら太鼓の片づけです。「和泉和太鼓同好会」の方たちはボランティアで来てくださっています。「和泉和太鼓同好会」は和泉中PTA開催の講演会がきっかけで、保護者が中心となって平成15年に発足したそう。現在も毎週木曜日の19:30~21:00に武道場で練習しています。現在のメンバーは6名。興味のある方は支援本部にメールいただくか、直接練習日に武道場においでください。見学だけでも大歓迎です。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


第3回5組の調理実習に行ってきました

本日、5組のみんなが挑んだメニューは、
・夏野菜のカレーライス
・千切りキャベツのサラダ
・バナナスムージー

です。暑くなってきた近頃の季節にピッタリのメニューでした。夏野菜は、茄子とズッキーニが選ばれました。

なかよしクラスのカレーに慣れ親しんでいた7年生は、「辛い~。」「でも、美味しいー!」と、大人のカレーに大興奮でした。

そして、なんと言ってもバナナスムージー!
皮を剥いてちぎって、一度牛乳とミキシング。その後、氷を入れ、クラッシュ!とてもシンプルなのに一流の味わいでした。「カレーに超ピッタリ!」と、こちらも大絶賛でした。

7年生もドンドンと積極的に動く様になって、素晴らしい調理実習でした。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


5組調理実習の実習支援

今年度最初の5組調理実習に行ってきました。

メニューは、おむすび三種(おかか,ワサビふりかけ,ツナマヨ)・豚汁・春キャベツのサラダとソーセージのソテーでした。三角むすびの形成に皆さん悪戦苦闘でしたが、実食の頃にはそれもご愛嬌の一つになって、一層の美味しさでした。

上級生の手際のよさに、新入生が始終感心仕切りでした。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


月別の記事

カテゴリー別の記事