ブログアーカイブ

手習い塾 体験教室 申し込みのご案内

平成31年2月12日(火) 発行

中学入学や小学高学年への進学という、子ども達も心機一転するこの時期に、学習習慣を 身につけ、進路選択に向けて沢山の可能性を増やせる力をつけられたらと考えています。

和泉手習い塾では、皆さんが楽しく授業を受けられて、「わかる︕」喜びと「できた︕」達成感を味わい、自ら学び成長していく大人へと育っていける様、お手伝いできたらと思っています。 ぜひ、この機会に体験してみて下さい。

《 本年度3月の体験教室の予定 》

◎ 日時 : 3月2日(土) 9:00~11:00      
    3月 16日(土) 9:00~11:00
◎ 場所 : 和泉学園校舎 中学部棟2F 8-3教室
◎ 持ち物 : 筆記用具、勉強したい教材(春休みの宿題や塾の宿題でもOK︕)

# 中学1年生の数学の予習に導入問題をやったり、算数の復習もできます。 英語は、ABC や簡単な単語を書くことからはじめます。各種プリント類を用意!

体験教室の対象学年 は 、4,5,6年生です !

❖申し込み締め切り日
 2月26日(火)
 各担任の先生に提出して下さい。

入学・進学準備! 3月中に先取りしよう 。

ご意見・ご要望・お問い合わせなど、お気軽にどうぞ!
*学校支援本部(03-6379-2857)  
*学校支援本部メールアドレス(info@shinsen-izumi.sakura.ne.jp
*学校支援本部HP(https://shinsen-izumi.sakura.ne.jp

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 手習い塾


手習い塾 通信 Vol.41 年度最終号

平成31年2月12日(火) 発行

こんにちは︕和泉手習い塾サポートスタッフの村山です。平成最後の 30 年度も大詰めですね。手習い塾通信も年度最終号となりました。そして学年末考査に向 けて、恒例のテスト前終日教室を開きます。皆さん是非活用して、今年度を締め括って下さい。小学生の皆さんは、3月に「体験教室」を行います。別途、案内プリントを配布致しますので、どうぞご参加下さい。

“春”を迎える準備はできていますか︖今までを振り返り、これからを始めるとき“春”は、ピッタリの季節です。何かをスタートさせるには絶好のチャンス到来です。

『進級進学に向けて、みんな頑張れ︕』

★ 今後の予定 ★

* 2 /23(土)・・・テスト前終日教室 (学年末テストに向けて! )
* 3 / 2(土)・・・通常教室
* 3 /16(土)・・・通常教室 (今年度最終日)

みんな集まれ!

体験教室の申し込みは、別途配布の 「体験教室」のご案内をご覧下さい。

ご意見・ご要望・お問い合わせなど、お気軽にどうぞ!
*学校支援本部(03-6379-2857)  
*学校支援本部メールアドレス(info@shinsen-izumi.sakura.ne.jp
*学校支援本部HP(https://shinsen-izumi.sakura.ne.jp

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 手習い塾


校内書初め展 展示準備

1/12(土)の学校公開日に間に合うように、1/10(木)に「校内書初め展」の展示のお手伝いをしました。小学部の生徒は現在715名、学年ごとに雲龍紙に「クラス・出席番号」順に貼っていきます。会議室を作業場所として支援本部のコーディネーター総出で作業しました。

全ての児童の作品が会議室に持ち込まれますが、まだ書道に取り組んでいるクラスもあり放課後に届く学年もありました。作業は1/10・11の2日間を予定していましたが、チームワークが良かったのか1日で作業が終了。先生たちにも喜んでいただけて嬉しい限りです。完成したものは先生方が引き継いで、壁面掲示しました。

書初めの掲示は初めての作業でした。今までは先生方が授業終了後に行っていたものです。支援本部がお手伝いすることで先生方の作業時間が軽減されるのは、支援本部の本来の目的ですので、来年度も継続していきたいお手伝いです。

始業式あけの支援本部は、
・1/9(水)、10(木)「漢字検定のテキスト印刷配布」
・1/10(木)「書初め掲示手伝い」
・1/11(金)「中学部5組 調理実習サポート」
・1/11(金)「4年2組 華道体験」
・1/12(土)「4年生 わくわく算数サポート」
・1/12(土)「4年生 プログラミング教室」
・1/12(土)「5年生 公園清掃安全見守り」
とフルスロットルで活動しています。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部


2018年度の授業サポートの記事から

4年生 ようこそ先輩

[2018年12月1日]
1月に成人式を迎える卒業生15名、大学生・専門学校生・社会人とバラエティーにとんだメンバーが集まってくれました。

6年生 戦争体験

[2018年11月30日] 
11/30(木)の3校時に「戦争体験」の授業がありました。昨年に引き続き久保田利雄さん(90才・昭和2年12月12日生まれ)に来校いただきました。

4年1組 華道体験

[2018年11月21日] 
11/16からの小学部展覧会に合わせ、通路に「生け花作品」を展示してお迎えできるよう、11/15の3・4校時に華道体験を行いました。

5年生 稲刈り

[2018年11月20日] 
5年生の植えた稲が実り、11/7(火)に「稲刈り」が行われました。

5年生 プログラミング教室

[2018年9月22日] 
本日(2018/9/22 土曜日)、支援本部では、5年生のプログラミング教室のサポートを行いました。

2,3,4,5年生 茶道体験

[2018年7月7日]
5/15に3年生、6/21に4年生、6/28に2年生、7/7に5年生の授業がありました。「日本の伝統文化理解教育」のひとつとして取り組んでいる茶道体験は今年で3年目。この時間を楽しみにしているという児童の声も聞こえ嬉しく思います。

5年生 田植え

[2018年6月19日] 

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


4年生 「ようこそ先輩」

学校公開日の12/1(土)、4年生の「ようこそ先輩」という授業を取材してきました。
来年の1月に成人式を迎える卒業生15名、大学生・専門学校生・社会人とバラエティーにとんだメンバーが集まってくれました。
子どもたちは、「自分の夢を叶えるにはどういう風にして頑張ればいいか。10年後の自分はどういう姿になりたいか。」を先輩からのインタビューで感じ取れる質問を準備してこの授業にのぞみました。

先輩たちは2クラスに分かれ、4~6名のグループに1人ずつ入ります。子どもたちは本当に年齢の近い兄さんお姉さんが大好きで、グループに入ったとたん質問攻めです。あまりにも活発に話しているので、話に耳を傾けていても聞き取れないほどです。

小学生の時なりたかった職業」には、アナウンサーやパン屋さん・サッカー選手・発明家、中には低学年の時はポケモンになりたかったという答えも。

10才の時の夢は叶いましたか」という質問には、「10才の時はケーキ屋さんだった。夢はいろいろ変わる。でも夢が変わるのは悪い事じゃなく、色んな事に興味を持ちだしたという事。みんなの夢もこれから変わっていくと思うけど、前向きにとらえて色んなことにチャレンジして最終的になりたい夢を決めて欲しい。」

小学生の時はどんな子でしたか」では、「素直で元気なめちゃめちゃいい子だったけど、その頃は物事深く考えてなかった。」「すぐ忘れものをするので先生に怒られて、めっちゃ泣いてた。」「いたずらをしてすごく怒られた。僕みたいないたずらは絶対しちゃだめだよ。」なんて話をしてくれました。

小学生のころにやったらいいことはありますか」には口を揃えて、勉強・習い事を挙げていました。勉強については、「大学受験で苦労したのは、積み上げなきゃならない小中学校の時にちゃんと勉強してなかったから」「苦手な科目をできないままにしておかなければよかった。」など経験したからこその答えが。習い事に関しては、「できる事が増えるのはいいこと」「これからの自分に役立つ」「得意なことかは頑張れる」と子どもたちの習い事を後押ししてました。他にも「本をたくさん読んでほしい。」「部活動」「友だち作り、勉強、遊び、全部大事。遊びは勉強あっての遊びだから遊びだけじゃダメ。」などなど。

10才から20才で何が成長しましたか」では、「働いてる母のために、洗いものなどの手伝いを積極的にするようになった」「10才から20才はすごく成長する時期だと思う。10才の時は自分のことしか考えてなかった。他人が喜ぶより自分が喜ぶことをしていた。今は自分がいい思いをするより、他の人がいい思いをした方がいいとを思える」と、他者への思いやりや気遣いを挙げてました。

いろいろな話が聞けた時間でした。子どもたちは、自分と同じ遊びをしていた先輩の小学生のときの話にうなずき、「だから勉強はしといたほうがいい」というアドバイスを聞いて、きっと先生や親に言われたときよりずっとずっと心に響いたのではないでしょうか。

関連する記事

4年生 「二分の一成人式」と「ようこそ 20 才の先輩」(2017年度の授業から)

「これからの成長に向けて」を考える一つの取り組みとして、昨年の 12/2(土)今年成人式を迎えた卒業生8名を招いて「ようこそ、20 才の先輩」という授業がありました。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


6年生 戦争体験

11/30(木)の3校時に「戦争体験」の授業がありました。昨年に引き続き久保田利雄さん(90才・昭和2年12月12日生まれ)に来校いただきました。

6年生 戦争体験

最初に先生から「みんなのおじいちゃんおばあちゃんも、戦争を経験していないでしょう。今日は戦争を経験した方から直接お話を聞けるとても貴重時間です。私たちは話をしっかり聞いて次の世代に引き継いでいく義務があります。耳だけでなく心でもしっかり聞いてください。」と説明がありました。

6年生はこの日のために、久保田さんの執筆した「波乱の我が青春時代」という本を朝学習や社会科の時間に読んで事前学習をしました。

久保田さんは直接軍隊に入隊して戦争に行った訳ではありませんが、14才(昭和17年)のときに満蒙開拓少年義勇軍(まんもうかいたくしょうねんぎゆうぐん)に志願。最初の3年間は農作業に励み、収穫が終わった冬には軍事訓練を受けました。18才の時に軍隊に徴収され貨物省の任務に就き、終戦後は捕虜となりチグロワヤの作業収容所で3年間伐採作業に従事。21才目前の昭和23年12月1日に舞鶴港に帰還しました。生まれ故郷に帰れたのは12月5日だそうです。
14才から21才目前までの7年間、戦争に翻弄された青春時代を過ごしてこられたのです。

6年生 戦争体験

当日は、本に書かれていなかったエピソード(キジやクマを仕留めた話など)もお話しいただきました。

関連する記事

6年生 戦争体験

●6年生 戦争体験 (2017年度の授業から)
https://shinsen-izumi.sakura.ne.jp/archives/9573

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 授業サポート


手習い塾 通信 Vol.40 冬の版

平成30年12月11日(火) 発行

こんにちは!和泉手習い塾サポートスタッフの村山です。早いもので今年もあと僅かとなり、冬休みが迫ってきました。冬休みは、クリスマスやお正月など楽しいイベン トや行事が続けてあるので、身に付いていた学習習慣が崩れてしまう事があります。少しでも良いので机に向かう時間を日々の中で続けて下さい。スムーズに新学期を 迎える事ができます。もちろん楽しんで年末年始を過ごして下さい。そして、新学期には元気な笑顔で再会しましょう。

手習い塾は、誰でも参加できる教室です。 「申し込みを提出していないけどいいの︖」と聞 かれることがよくあります。とくに、テスト前の終日 教室に参加したいけれど、申し込みをしていな いからと尻込みしている生徒さんが多い様です。 気にせずドンドン参加して下さい。

★3学期の予定★

1/19(土)・・・通常教室(3学期初日)
1/26(土)・・・通常教室

2/2(土)・・・通常教室
2/9(土)・・・通常教室
2/23(土)・・・テスト前終日教室(学年末考査に向けて!)

3/2(土)・・・通常教室
3/16(土)・・・通常教室((本年度最終日)

#いつもの自分の学級教室ではありません。備品などには注意し、綺麗な使用を心掛けましょう。

ご意見・ご要望・お問い合わせなど、お気軽にどうぞ!
*学校支援本部(03-6379-2857)  
*学校支援本部メールアドレス(info@shinsen-izumi.sakura.ne.jp
*学校支援本部HP(https://shinsen-izumi.sakura.ne.jp

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 手習い塾


平成30年度 第3回 実用英語技能検定試験のお知らせ

平成30年度 第3回 英検のご案内です。

【試験日】 平成31年1月26日(土)
【会 場】 杉並和泉学園 中学部

【時 間】
※第3回は級限定で開催。
 2級受験希望者は本会場へお申し込みください

準2級 高校中級程度 4800円
 →説明開始 9:45 試験終了 11:55
3級 中学卒業程度 3400円
 →説明開始 9:45 試験終了 11:35
4級 中2終了程度 2100円
 →説明開始 9:45 試験終了 11:20
5級 中1終了程度 2000円
 →説明開始 9:45 試験終了 11:05

※集合時間厳守のこと。集合時間になったら注意事項の説明が始まります。
※会場は当日入り口にてご確認ください。

【対象者】 杉並和泉学園 児童・生徒 および 在校生の兄弟(他校生)

【申込方法】

1.検定料を郵便振替で払い込む
 検定料の郵便振替の手順の表面(画像)
 検定料の郵便振替の手順の裏面(画像)
 検定料の郵便振替の手順(PDF)

2.所定の封筒に必要事項を記入のうえ「ご利用明細票」を同封し担任に提出する

※英検用問題集購入の方は、封筒にチェックし代金を検定料にプラスして振込み申し込んでください
※小学生・在校生の兄弟(他校生)の方は、担任にパンフレットと封筒をご請求ください

【申込締切】 平成30年12月11日(火)

【持ち物】 HB/B/2Bの鉛筆 または シャープペンシル、消しゴム、上履き

【その他】 
3級・準2級・2級の一次試験合格者は、平成31年3月3日(日)に二次試験(面接)があります。
二次試験では受験票に貼る顔写真(3㎝×2.4㎝)が必要となります。

※支援本部が行う模擬面接は平成31年2月16日(土)14:00~です。
 2月上旬に3級以上の受験者にご案内を配布します。

※申し込み後の取り消しはできません。
※申込者が10名に満たない場合、杉並和泉学園での検定は実施できません。
 実施できない場合、検定料は返金します。

関連するリンク
検定試験の年間予定
検定試験についてよくある質問
英検の公式サイト

問合せ先
学校支援本部 事務局
・メール:info@shinsen-izumi.sakura.ne.jp
・電話:03-6379-2857 (留守電対応)

※問い合わせは、メールをご利用いただくと電話(留守電)より早く・確実に対応できます。


英検パンフレット (PDF)


英検パンフレット 1ページ目 (画像)


英検パンフレット 2ページ目 (画像)


英検パンフレット 3ページ目 (画像)

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 英語検定


中学部:漢字検定 模擬試験のご案内

杉並和泉学園 中学部 生徒・保護者各位

学校支援本部では、漢字検定の取得を目指した学習会を開催しています。
「漢字検定」または「模擬試験」の申し込みをした生徒へは家庭学習用のテキストを配布します。勉強をして模擬試験・漢字検定に臨んでください。テキストは問題集のコピーを配布します。
「模擬試験」では、採点をして仮の合否判定をおこないます。採点した解答用紙は返却しますので、家庭学習の励みにして合格を目指してください。

模擬試験だけの申し込みも可能です。利用する生徒は下記申込用紙に必要事項を記入し提出してください。

【模擬試験日】 平成31年1月22日(火)
【時   間】 16:00 ~ 17:10
【場   所】 杉並和泉学園 中学部 教室
【申込締切日】 平成30年12月11日(火)
【持 ち 物】 HB/B/2Bの鉛筆 または シャープペンシル、消しゴム

※部活動がある生徒は、事前に担当の先生に「模擬試験のため遅刻して参加」する旨伝えてください。

関連するリンク
検定試験の年間予定
第3回 日本漢字検定試験のお知らせ
検定試験についてよくある質問
漢検の公式サイト

問合せ先
学校支援本部 事務局
・メール:info@shinsen-izumi.sakura.ne.jp
・電話:03-6379-2857 (留守電対応)

※問い合わせは、メールをご利用いただくと電話(留守電)より早く・確実に対応できます。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 漢字検定


平成30年度 第3回 日本漢字検定試験のお知らせ

平成30年度 第3回 漢検のご案内です。

【試験日】 平成31年2月3日(日)
【会 場】 杉並和泉学園 中学部

【時 間】
2級~準2級
 →説明開始 10:40 ~ 試験終了 12:00
3級~7級
 →説明開始 14:10 ~ 試験終了 15:30
8級~10級
 →説明開始 10:50 ~ 試験終了 11:50

※集合時間厳守のこと。集合時間になったら注意事項の説明が始まります。
※会場は当日入り口にてご確認ください。

【対 象 者】 杉並和泉学園 児童・生徒 および 在校生の兄弟(他校生)
※他校の兄弟の申込みは、在校生を通じてお申し込みください

【申込方法】

1.検定料を郵便振替で払い込む
 検定料の郵便振替の手順の表面(画像)
 検定料の郵便振替の手順の裏面(画像)
 検定料の郵便振替の手順(PDF)

2.申込用紙の(A)(B)すべてに記入

※「団体名または会場番号」欄は、「杉並和泉学園学校支援本部」と記入
※領収書の記入は、不要(検定料は郵便振替のため)

3.お手持ちの封筒に「漢検申込み」と明記し「学年・クラス・氏名」を記入、申込用紙(A)(B)と「ご利用明細票」を入れ担任に提出する

【申込締切】 平成30年12月11日(火)

【持 ち 物】 HB/B/2Bの鉛筆 または シャープペンシル、消しゴム、上履き

【そ の 他】
◆杉並和泉学園は、準会場のため2級~10級のみの受検となります。
◆検定料は、受験する級によって異なります。
 各級の検定料および難易度は、パンフレットを参照ください。
◆中学部は、漢検模擬の申し込みも合わせて提出ください。

※申し込み後の取り消しはできません。
※申込者が10名に満たない場合、杉並和泉学園での検定は実施できません。
 実施できない場合、検定料は返金します。

関連するリンク
検定試験の年間予定
英語検定・漢字検定について(小学部)
英語検定・漢字検定について(中学部)
検定試験についてよくある質問
漢検の公式サイト

問合せ先
学校支援本部 事務局
・メール:info@shinsen-izumi.sakura.ne.jp
・電話:03-6379-2857 (留守電対応)

※問い合わせは、メールをご利用いただくと電話(留守電)より早く・確実に対応できます。

小学生向けパンフレット


漢検パンフレット (PDF)


漢検パンフレット 1ページ目 (画像)


漢検パンフレット 2ページ目 (画像)


漢検パンフレット 3ページ目 (画像)


漢検パンフレット 4ページ目 (画像)

中学生向けパンフレット


漢検パンフレット (PDF)


漢検パンフレット 1ページ目 (画像)


漢検パンフレット 2ページ目 (画像)


漢検パンフレット 3ページ目 (画像)


漢検パンフレット 4ページ目 (画像)

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 漢字検定


月別の記事

カテゴリー別の記事