支援本部について


最終更新日:2016/4/9

杉並区教育委員会は地域に開かれた学校づくりとして、平成22年度までに全校設置しました。「学校支援本部」は地域の志のある人たちと学校を結びつけ、教育活動などを支援しているボランティアによるネットワーク組織です。この和泉地区には10年前に発足しました。昨年までは新泉小・和泉小・和泉中の三校を拠点に活動し、今年からは杉並和泉学園学校支援本部として新たにスタートしたところです。

「支援」そして「協働・連携」へ

発足当初の目的は、これまで学校が行ってきた地域ボランティアとの連絡や日程調整等を支援本部が行うことで教員の負担軽減、子どもと向き合う時間の確保や地域コミュニテイの形成の場を目的とし支援を行ってきました。さらに今後は大人も子どもも学び合い育ち合い、学校と地域の「協働・連携」を深め、様々な活動のコーディネートをしていくことも求められています。

学校支援本部の組織イメージ

学校支援本部の活動イメージ


月別の記事

カテゴリー別の記事