ブログアーカイブ

ゆーいぎな話(学校生活)

新泉小学校に移転しました。

平成26年4月10日(木)晴れ

新泉小学校へ無事に移転することができました。段ボールとの格闘に終止符を打ちました。

やっとブログを始めることができるようになりました。今年度もよろしくお願いいたします。

今年、新泉小学校の児童や先生方と同じ敷地内で一緒に過ごし、小中一貫した教育活動を実施することができることが楽しみです。

小中学校の教員が連携を図りながら、工夫・努力して小中一貫教育を実施してまいりますので、よろしくお願いいたします。

和泉中学校と呼ばれるのもあと1年です。これまでの歴史と伝統を大切にしながら、「杉並和泉学園」を素晴らしいものにしていきたいと考えています。ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

さて、4月7日の始業式は、校庭で小中学校合同で行いました。小学生の後ろに並んでいる中学生の姿を見て、小中一貫教育校を実感しました。その後の小学校入学式には、中学校3年生が参加しました。小学校1年生のかわいらしい姿に、顔も微笑んでいました。4月8日中学校入学式には、小学校6年生が参加しました。中学校に入学した卒業生の姿を見て、小学校と中学校の違いを実感したのではないでしょうか。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校生活, 由井前校長のゆーいぎな話


卒業式の予行がありました。

3月14日(金)くもり

今日は、卒業式の予行がありました。

儀式に臨む態度が全学年ともに、素晴らしかった。注意を受けるところは、ほとんどありませんでした。和泉中生として「丁寧に思いを込めた」卒業式予行でした。3年生の合唱は、特に素晴らしかった。先輩として、下級生によい手本を示してくれています。また、1・2年生もそれに応えようと、全校合唱を頑張っていました。3年生にとって、中学校生活もあと残すところ2日です。思い出深いものにしてほしいと思います。

IMG_3204

 

予行終了後に、表彰を行いました。次の皆さん、よくがんばりました。

体育優良生徒   体育の授業や他の体育的活動はもとより、学業成績に秀で生活面でも他の模範となる生徒に贈られる。

小林 孝有くん  福田 拡未くん

優良卒業生徒   技術家庭科の成績が優秀で、学業成績に秀で生活面でも他の模範となる生徒に贈られる。

北原 菜摘さん  福永 朋恵さん

税の作文     東京都杉並都税事務所長賞    内川うららさん

杉並納税貯蓄組合連合会 銅賞  小林 明音さん

次の皆さんには、賞状はありませんが、よく頑張りました。本人の努力と家族の支えがあったからこそです。

皆勤賞(3年間無欠席・無遅刻・無早退)

猪飼将太朗くん  大久保幸香さん  福永 朋恵さん  吉川 佑人くん

精勤賞(3年間無欠席、遅刻や早退あり)

杉本 良貴くん  野田 瑛世くん  木山 武くん   廣本 翼くん

立川 翔太くん  望月 良平君

 

昨日は、バイキング給食がありました。メニューは次のとおりです。楽しそうにお腹いっぱい食べていました。

主食:ごはん、カレー、きなこ揚げパン 主菜:鶏のからあげ、さわらの西京焼き

副菜:じゃこサラダ、いそあえ、フレンチポテト、プチトマト、ブロッコリー

デザート:いちご、オレンジ、ブラウニー、牛乳

3年生のブラウニーには、「祝卒業」と書いてあり、よろこんでいました。

IMG_3191IMG_3193IMG_3195

続きを読む ›

カテゴリー: 学校生活, 由井前校長のゆーいぎな話


3学期の始業式がありました。

1月8日(水)曇りのち雨

今日は3学期の始業式でした。今年は暦の上では長い冬休みでした。早く学校が始まってほしいと思っていた生徒が3名いました。

平成26年<甲午(きのえうま、こうご)>を迎えました。丙午(ひのえうま)でなくてよかったです。丙午は赤ちゃんの誕生が少なくなりますから。

保護者や地域の皆様には、健やかに新年を迎えられたことと、心からお慶び申し上げます。本年も、生徒一人ひとりが良さを伸ばしあまりよくないところを改め、自信と誇りをもって生活・学習できるよう、教職員一同が努力してまいります。よろしくお願いいたします。

さて、今年は午(うま)年です。「うま」は駆けることから、幸運が「駆け」込むや、その読みから、「うま」くいく、などと縁起がいい動物です。「駆け」て「うまく」いく、皆さんにとってそういう年になればと願っております。そこで、夢に向かって「駆け」ている人の話を一つ紹介したいと思います。

昨年の9月にIOCは総会で、2020年のオリンピック・パラリンピックを東京で開催することを決定しました。東京招致のための最終プレゼンテーションのトップバッターとして佐藤さんは、感動的なスピーチをしました。それが評価委員の方々の心に響いたため、招致につながったのではないかと言われています。

佐藤さんとは、走り幅跳びで04年アテネ、08年北京、12年ロンドン大会のパラリンピックに出場した佐藤真海(まみ)選手のことです。佐藤さんは、大学時代に骨肉腫を発症し、20歳のときに右足膝下を切断して義足生活になりました。大学3年だった03年1月から陸上競技を再開しました。2013年5月にブラジルで開催された大会で5メートル2センチの日本記録を樹立しました。佐藤さんは、宮城県気仙沼市の生まれで、ここは東日本大震災の被災地でも津波の被害が大きく、実家を失ってしまっているそうです。

佐藤さんはスピーチの中で次のように語っています。「私は目標を決め、それを越えることに喜びを感じ、新しい自信が生まれました。そして何より、私にとって大切なのは…私が持っているものであって、私が失ったものではないということを学びました。」と。また、取材のインタビューで「自分にはちょっとハードルが高いけれど、やってみよう」という思いで日々を送っていると述べ、「夢は続く」という言葉を色紙に書いています。そして、「招致の夢はかないましたが、ここからが新たなスタートです。これまでの私の人生がそうだったように、夢に終わりはありません。震災からの復興やバリアフリー化の推進なども含めて、東京で半世紀ぶりに行われるスポーツの祭典が、たくさんの願いをかなえる大会となるように。私も夢の続きを追い求めていきたいと考えています。」

夢や目標に向かって進んでいく。自分とって少し高い目標を目指していく。高すぎず低すぎずが重要だと思います。夢を実現し、また新たな夢に向かって駆ける。夢は続く。いい言葉です。

さて、今年の新聞各紙の社説はどれもグッとくるものがなかったように感じました。社説ではありませんが、朝日新聞が、元旦1面トップから、「教育2014 世界は 日本は」という記事を組んでいたのにはびっくりしました。この特集は、1面ではなくなりましたが現在も続いています。グローバル化、ICT、公設民営学校、地域との連携、塾の活用など様々な取組が紹介されています。地域との連携に関しては、本校もかなりのところまで進んでいるのではないかと感じました。土曜日の自学自習教室「和泉手習い塾」、英検や漢検、小学生対象の和泉ラグビースクールなど学校支援本部のお力で、実施することができています。まことにお世話になり、ありがとうございます。心より感謝申し上げます。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校生活, 由井前校長のゆーいぎな話


薬物乱用防止教室がありました。

12月20日(金)雨後曇り後晴れ

12月16日(月)に、1年生を対象に薬物乱用防止教室を実施しました。杉並の子どもを薬物から守る会の納冨様、吉橋様(和泉中の学校支援本部副部長)、薬物専門講師の里見先生、東京ダルクの幸田様、真﨑様においでいただきました。里見先生からは、薬物の種類や使用の実態について、ダルクの方からは、薬物使用の動機や苦悩、止めるきっかけなどについてお話いただきました。まさに身近な人に誘われ、10年以上も続けてしまったこと、今は、使用していないが再発する可能性もあることなど薬物依存の恐ろしさを具体的に知ることができました。1年生の聞く態度、積極的に質問する姿勢がとてもよかったと思います。薬物はダメ!ゼッタイ!

1IMG_29662IMG_29673IMG_2972

12月12日(木)は、寒い日でした。澄んだ空気の中、屋上から世界遺産:富士山が見事に見えました。

4IMG_29635IMG_2964

続きを読む ›

カテゴリー: 学校生活, 由井前校長のゆーいぎな話


パラリンピスト木村敬一さんの講演会がありました。

9月19日(木)晴れ 仲秋の名月(十五夜)

14日土曜日は、午前中が、学校公開と道徳授業地区公開講座、午後には学校説明会がありました。

道徳授業は、1年生が「ものの見方や考え方を広げる」、2年生が「心の弱さ・醜さの克服」、3年生が「障害のある人とのふれあいと人権」について、映像や読み物の資料をもとに考えました。

3時間目の講演会では、ロンドンパラリンピック水泳(視覚障害)で、100m平泳ぎ銀メダル、100mバタフライ銅メダルを獲得した、木村敬一さんに「水泳が私にくれたもの~パラリンピックでの戦いを通して~」をテーマにお話をいただきました。

木村さんの前向きで清々しい語りや心に響く内容に、生徒も触発され、たくさんの質問が出ました。最後に、木村さんと直接話したり、銀メダルを見たり触ったりする時間もあり、とても充実した時間を過ごすことができました。保護者や地域の方にもたくさんおいでいただき、生徒と同様に木村さんと触れ合う時間を設けました。木村さんご多用の中、本当にありがとうございました。また、齋藤先生の塾の教え子「津田」さん、恩師齋藤先生の影響を受け教員を目指したとのこと、生徒も感激していました。ありがとうござました。

5IMG_25256IMG_25317IMG_2535

 

木村さんのお話からユイ校長も様々なことを学びました。印象に残った言葉をいくつか紹介します。

1 人生は一度しかない。今を大切に、今を一生懸命に生きてほしい。

2 勉強、運動、芸術などができることより、人間としての世界が大きいことが大事。自分の世界を広げること。そのためにも、(中学生の皆さんは今後必ず一人以上の障害のある人と出会うはず。)障害のある人と一人の人間として付き合ってほしい。

3 3年生の「治せたら目が見えるようになりたいですか?」という質問対して、「もういいかなと思う。目が見えないことが、人生の一つの才能だと思う。そのおかげで、今の自分がいる。」

この他にも、「練習をさせてもらう」「ターンの時、頭を棒で叩いてもらう」というお話のされ方から、とても謙虚な方なんだなと感じました。自分自身をしっかりともった、考え方がポジティブな好青年でした。ご健闘を祈ります。

続きを読む ›

カテゴリー: イベント, 学校生活, 由井前校長のゆーいぎな話


おすすめ本の紹介がありました。

平成25年9月6日(金)曇り

 

2学期が始まって早々、3年国語の時間に、「おすすめ本を紹介しよう‐ファイナル‐」がありました。生徒一人一人が、おおよそ3分から3分30秒で、自分の読んだ本を、話し方や内容、演出(自作した資料を活用したり、展開を工夫したりする。)を工夫して、紹介していました。

1・2年からの積み重ねがある3年生。原稿を見ないで、相手を見て堂々と話したり、作成した資料で楽しませたりと、笑いの絶えない発表でした。

「いかにして相手の心を動かすか。つまり、聞き手に自分の進める本を読んでみたいと思わせるか。」について、知恵を絞り、プレゼンテーションを工夫するという、将来社会に出て必ず役に立つ力を高めるための時間と、感心させられました。

1IMG_23632IMG_23643IMG_23654IMG_23665IMG_23676IMG_23697IMG_2371

続きを読む ›

カテゴリー: 学校生活, 由井前校長のゆーいぎな話


2学期が始まりました。

平成25年8月29日(木)晴れ

楽しい楽しい長い夏休みが終わってしまいました。ユイ校長の夏の思い出は、やはり小笠原です。

昨日から2学期が始まりました。大きなけがや事故がなく、無事に2学期を迎えることができました。2学期も充実したものになるよう、ご家庭の皆様、地域の皆様、関係者の方々のご支援とご協力よろしくお願いいたします。

始業式では、生徒の活躍に対して、たくさんの表彰をすることができました。以下に紹介します。

社会を明るくする運動(生徒会及び有志)・・・杉並区推進委員会より感謝状と盾

2IMG_3738

 

西田暁彦くん(卓球部1年)・・・東京カデット大会 13歳以下Bクラス男子シングルス1位

3IMG_3742

 

合唱部・・・NHK全国学校音楽コンクール東京都予選A銀賞

4IMG_3745

野球部(杉並ジャイアンツと合同チーム)・・・荻窪青少年育成委員会少年野球大会準優勝

5IMG_3749

 

おめでとうございます。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校生活, 由井前校長のゆーいぎな話


修学旅行、フレンドシップスクールがありました。

5月23日(木)晴れ

ご無沙汰しております。5月8日からの修学旅行、5月14日からのフレンドシップスクールの引率、その後の出張等で、なかなかブログをアップすることができませんでした。「ユイ校長は、ブログを止めたのでは?」という2度目のうわさが流れていたことと推察いたします。

私より先に、学校HPで、修学旅行、フレンドシップスクール、職場体験の画像がアップされてしまったのが残念です。

さて、修学旅行ですが、最終日に少し雨に降られましたが、それ以外は天候に恵まれた2泊3日でした。1日目の薬師寺のお坊さんの説法では、「面」を使った言葉が印象に残りました。夜しっかり寝ないと顔面が下を向き「面倒」になり、顔がまっすぐ前を向いている人が「真面目」な人など、面白いお話をしてくださいました。2日目の京都市内の班行動では、全ての班が時間を守って宿に戻ることができました。時間を守ろうと、走って帰ってくる班があり、真面目さに好感がもてました。3日目のタクシー班行動後は、お土産をたくさん抱えていました。何人かに聞いてみると、これは「おばあちゃん」これは「お姉ちゃん」と、家族一人一人を考えて買っていました。優しい子たちだなと思いました。引率してくださった看護師さんが、「挨拶がよくできる、しっかりしたよい生徒さんですね。」とおっしゃってくださいました。3年間の集大成である修学旅行が立派にできて、とてもよかったと思っています。

1年生のセカンドスクールですが、ほとんど雨に当たることなく、天候に恵まれた3泊4日でした。夜の天候を考えて、1日目に星座観察を実施しました。天体望遠鏡からの映像を拡大して月のクレーターや夜の部分をみることができました。大熊座や小熊座などのたくさんの星座をはっきりと確認することができました。2日目の宿ごとの体験メニューでは、山菜がりや農作業、食事づくり等を楽しそうに行っていました。3日目の裏磐梯中での交流では、和泉中の校歌を大きな声で披露していて、たくましさを感じました。裏磐梯中の生徒さん達が、絵による「しりとり」、ドッチビーを準備していてくれていて、楽しそうに交流を深めていたのが印象的でした。4日目の昼食、福島名物「ソースかつ丼」は、味、ボリュームともに抜群でした。民宿の方を初め裏磐梯中の皆さん、噴火記念館の館長先生、星座観測の先生、草笛・指笛の先生、守り狐の先生など現地のたくさんの皆さんにお世話になりました。ありがとうございました。現地の皆さんと交流を深められたこと、生徒と生徒、生徒と先生がお互いを理解し合い仲良くなれたこと、時間や決まりを守って行動することなど多くの成果をえることができました。1・3年の保護者の皆様、ご支援とご協力ありがとうございました。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校生活, 由井前校長のゆーいぎな話


小笠原自然体験交流の発表がありました。

4月19日(金)曇り

15日(月)の全校朝礼では、3月に小笠原自然体験交流に参加した宮城さんが、交流の様子を発表してくれました。

本来は、7月30日が出発だったのですが、台風のため延期になり、3月23日から29日までになりました。島の自然や暮らし、中学生との交流などについて、きれいな写真をもとにプレゼンテーションソフトを使って、説明してくれました。聞いている生徒もとても熱心で楽しそうでした。4月になってから頼んだのですが、準備をしっかりしてくれて、小笠原の魅力がいっぱいでした。ありがとうございました。

今年度は、7月23日(火)から28日(日)までの5泊6日です。興味のある人は応募してください。

1 IMG_16022 IMG_16063 IMG_1605

続きを読む ›

カテゴリー: 学校生活, 由井前校長のゆーいぎな話


平成25年度1学期始業式がありました。

4月8日(月)晴れ

昨日は強風でしたが、今日の始業式は暖かな春の日に迎えることができました。

2年生23名(男子の転入生がありました。)、3年生45名の始業式でした。まだ3年生と言われてもピンとこない人もいるようでしたが、なんとなく2・3年生ともに、たくましく、また頼もしくなったように感じました。平成25年度のスタートです。明日は入学式、26名の生徒の入学が予定されています。

保護者や地域の皆様、和泉中学校へのご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

続きを読む ›

カテゴリー: 学校支援本部, 学校生活, 由井前校長のゆーいぎな話


月別の記事

カテゴリー別の記事