ブログアーカイブ

5年生プログラミング教室(授業サポート)

本日(2018/9/22 土曜日)、支援本部では、5年生のプログラミング教室のサポートを行いました。

コンピューターは、身近なところにたくさんあります。iPhoneやiPadなどの情報端末、ニンテンドーswitchやDSなどのゲーム機器、炊飯器や冷蔵庫などの家電製品などにも使われてます。コンピューターの形をしてなくても、コンピューターが内蔵されてて、見えないところでたくさん活躍しています。

コンピューターを使ってプログラミング(制御)するとは、どういうことなのか?今日は、Scratchというプログラミング言語を使って、実際にプログラミングを体験してみました。

Scratchは、マウスとキーボードの簡単な操作でコンピューターに命令(プログラミング)することができます。たとえば、ネコのキャラクターを、「右へ10歩」、「上へ10歩」のように動かすことができましたね。
そうそう、命令を変更すれば、もちろん、左や下にも動かすこともできますよ。

こうなってくると、いろいろなアイデアが浮かんできて、試してみたくなります。
ネコのキャラクターを「右→下→左→上」と、順番に動かすと、元の位置に戻ってきます。ネコにペンを持たせて図形を描いてみましょう。そうすると、順番に「線」が描けて、「四角形」が描けますね。

次回の授業では、Scratchを使って「多角形」を描くプログラミングを行う予定だそうです。楽しみですね!

【本日のプログラミング例】

旗をクリックする
 ↓
ネコのキャラクターにペンを持たせる
 ↓
ネコのキャラクターを右に100歩動かす
1秒待つ
 ↓
下に100歩動かす
1秒待つ
 ↓
左に100歩動かす
1秒待つ
 ↓
上に100歩動かす

注:説明のため多少アレンジしています。

 

【参考リンク】
mitのサイトよりスクラッチ: https://scratch.mit.edu/
NHKのワイワイプログラミング: http://www.nhk.or.jp/school/programming/

支援本部:
6/30(土)の第2回目の「親子プログラミング教室」
「プログラミング教室」開催のお知らせ


プログラミングは、「未来のコトバ」ですね。


プログラミングの授業に使うパソコンは、最新のタブレット型です。


まずは、コンピューターにプログラミング(命令)して、ネコのキャラクターを右や左に動かしてみます。


プログラミングのステップもだんだん複雑になってきました。でも、ひとつひとつのステップを順番に確認していけば大丈夫!


子どもたちのパソコンでも、ネコのキャラクターが画面の上を自由に動いていましたよ!楽しそう。

続きを読む ›

カテゴリー: プログラミング, 学校支援本部


プログラミング教室

6/30(土)に第2回目の「親子プログラミング教室」がありました。

プログラミング教育は平成32年度から必修化されます。そこで、高学年の児童を対象として親子で参加してもらっています。なぜ親も? と思うかもしれませんが、この教室ではScratch(スクラッチ)(*1)というフリーソフトの使い方の習得・簡単なプログラム作成を行います。でも、ここだけでなく家に帰ってからも自分なりのプログラムを作って学んで欲しいと思っています。親が参加することで、家のパソコンでもScratch(スクラッチ)を使える環境を整えることが出来るという訳です。

さて、ここで大事なのが保護者の関わり方です。あくまでも子どもが主役。答えを教えたり間違いを指摘したりしないで、子どもの自主性に任せます。子どもが困っていたら「ヒント」を出す。間違いに気付くまで待つ。子どもが自ら考えプログラミングをし、思い通りに動かないとき「どこを直せばいいか」を考える。そうやって、自分の思い描いているプログラムができたときは達成感が得られます。子どもはきっかけを与えると、どんどん創造性を発揮します。プログラムも徐々に複雑になっていきます。

現在は初級編のみ開催、使い方の習得をメインに置いていますので、ご家庭でさらに発展的な学びができるとよいですね。


(*1) Scratch(スクラッチ)とは、
アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのライフロング・キンダーガーテンというグループが作った、小学生でもかん単にプログラミングができるソフト。ウェブで自由に使うことができて、自分だけのゲームやアニメーションをだれでも作ることができます。

続きを読む ›

カテゴリー: プログラミング, 学校支援本部, 授業サポート


プログラミング教室 開催のお知らせ

小学部5・6年生 保護者のみなさま

春暖の候、保護者のみなさまにはご清栄のこととお慶び申しあげます。また日頃より学校支援本部活動にご支援を賜り厚く御礼を申し上げます。

さて、ご承知の通り平成32年度からプログラミング教育が必修化されます。学校支援本部では、ご好評いただいております漢字・英語検定事業、手習い塾、わくわく算数レストランに加え、本年度より段階的にプログラミング教室を開催することになりました。小学部から中学部への継続かつ発展的な取組みとして、また地域の力で先生方、子どもたちを支えていく事業の1つとしてスタートすることとなりました。

高学年となり、親子一緒に取組み学ぶ機会も少なくなってきたことと思いますが、プログラミングという新しい教育を親子で体験してみませんか。

募集要項

名称  :プログラミング教室(初級)(*1)
場所  :杉並和泉学園内
募集対象:小学部5・6年生及び保護者、2名1組
募集組数:10組~20組/1回 (*2)
受講料 :無料
内容  :Scratch(スクラッチ)の使い方の習得・簡単なプログラム作成(*3)
機材  :杉並和泉学園に配備されているタブレットPCを使用(1台/1組)

申込み方法:
①申込用紙を担任の先生へ提出、または、
②ウェブから申込(学校から配布のプリントを参照してください)(*4)

開催予定日:
第1回 6月16日(土)10:00~12:00
第2回 6月30日(土)10:00~12:00
第3回 7月21日(土)10:00~12:00

申込締切日:平成30年5月16日(水)

(*1)参加状況により、中級、上級編の開催を検討していきます。
(*2)お申込み多数の場合は抽選となります。3回の内、1回のみ参加とさせていただきます。
(*3)3回とも同じ内容となります。
(*4)①②どちらか一方でお申し込みください。

問合せ先
学校支援本部 事務局
・ファックス:03-6379-2857

続きを読む ›

カテゴリー: プログラミング, 学校支援本部, 授業サポート


月別の記事

カテゴリー別の記事